scapo

SCAPOとは、
”けんしん”を受けた人を
サポートするサービスです

「けんしん」(健康診断・検診)を受けた際の「結果の見方がわからない」「再検査ってなにするの」「どんな診療科を受診すればいいかわからない」「検査値が悪くて不安だ...」そんな「けんしん」(健康診断・検診)にまつわる不安を解消するサービスです。

血液検査サポートとは?

専門医のアドバイスとは

総合診断医へあなたの血液検査結果に対しての相談ができるサービスです。総合診断医が「考えられる病気」「緊急度」「その診療科にいくのがよいか」「病院かクリニックどちらにいくべきか」を教えてくれます。

総合内科専門医とは

国民医療の大きな課題となっている内科的慢性疾患に対して,地域において,常に患者と接し,生活指導まで視野に入れた良質な健康管理・予防医学と日常診療を任務とする高レベル専門医(かかりつけ医)。

年齢別病気ランキングを見る 専門医にアドバイスをもらう

乳がんサポートとは?

専門医の画像評価とは

要精密検査という判定をうけたあなたに、あなたが「がん」か「がんではない」か、より正確に判定し、あなたをサポートする「SCAPO#乳がん 検診結果再判定サービス」をご紹介します。

乳がん検診の実態とは?

乳がん検診受診者1000人にのうち、本当にがんにかかっている人は2,3人と言われています。しかし、その検診をうけた1000人のうち90人近くが要精密検査(偽陽性)、つまり、「がんかもしれない」と判定されます。 一般検診では、どんな検診でも、その特性上、一定の割合で「がんかもしれない」という曖昧な判定が生じてしまうのです。この曖昧な判定によって、あなたのからだとこころに負担がかかるかもしれません。まず、本当にがんなのか、確認するための精密検査が必要です。

データ:2010年日本乳癌検診学会発表資料 より抜粋

乳がんについて知る 専門医の画像評価をうける